WEBサービス

Airペイは屋外でも利用可能?利用の際の注意点もあわせて解説します!

Airペイ(エアペイ)|カード・電マネ・QR・ポイントも使えるお店の決済 ...

さまざまな決済をiPadまたはiPhoneとカードリーダー1台で決済できるサービス「Airペイ

世間でキャッシュレスの動きが高まっている中、導入する店舗は業種に問わず増加しています。

そんなAirペイですが、屋外では利用できるのでしょうか?

イベントやお祭りなどでの利用を考えている方には気になるところですよね。

そこで今回は、Airペイが屋外でも使えるのかを調査しました!

利用上の注意もあわせてまとめていますので、今後Airペイの利用を考えている方はぜひ参考にしてください!

Airペイは屋外でも利用できるの?

屋外広告とは?街でよく見る屋外広告物の種類と役目を解説! - 看板 ...

結論からいうと、Airペイは屋外でも利用可能です。

Docomo/au/SoftBankなど通信回線またはWi-Fi通信のネット環境があればAirペイのレジを導入することができます。

また、レシートの印刷が必要な場合はレシート印刷が必要な場合は、屋外で持ち運びが可能なモバイルプリンターも利用できます。

その他対応機器や、導入に関する詳細については公式サイトよりご確認ください。

Airペイを屋外で利用する場合の注意点

Airペイを屋外で利用する場合には注意しなければならない点があるので、詳しく説明します。

常設の店舗がない場合は要注意

Airペイの利用を考えている方で常設店舗がない場合は注意が必要です。

Airペイの導入には審査があり書類を提出しなければいけません。

その中に、「店舗確認書類」というものがあります。

店舗確認書類で求められている条件は以下の通りです。

店舗や事務所入り口の画像
(看板や表札で店舗名、社名が確認できる場合はそれらを含む画像)

店舗・事務所が入っているビルや建物全体の外観画像

取扱い商品・サービスが確認できる店内全体の内観画像

取扱い商品・サービスが確認できる店内全体の内観画像

・お取り扱いの商品・サービス内容、価格(販売方法)が確認できる資料
(イベント利用の場合は、イベント内容が確認できる資料)

申し込み時に必要な情報ーAirペイ

このように、Airペイは常設の店舗や事務所があることを前提としています。

なので常設の店舗がない場合は、Airペイに問い合わせて状況を伝えた上で申し込むことをオススメします。

Airペイへのお問い合わせはこちらから

交通系電子マネーで決済する場合

先ほども少し書きましたが、Airペイを利用する際はiPhone・iPadがインターネットに繋がれている必要があります。

3G・4G・LTE・Wi-Fiなどの回線で利用できます。

ですが、Suicaなどの交通系電子マネーで決済するときは固定インターネット回線でのWi-Fi携帯電話回線の4G/LTEが必要になります。

イベント会場などではフリーWi-Fiが用意されていることがあります。

その場合、使用する端末がフリーWi-Fiに繋がれていると交通系電子マネーでの決済が正常に作動しない、なんてことが起こりえるというわけです。

Airペイの運営もなるべく安定したインターネット回線を利用するように呼び掛けています。

お会計のときにトラブルが起きないように、注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?最後にもう1度この記事をの要点をまとめると、Airペイを屋外で利用することは可能。しかし注意点もあるからお気をつけて!ということでした。

今後屋外でAirペイを導入する場合はぜひこちらを参考書にしてくださいね!

Airペイのお申し込みはこちらから

  • この記事を書いた人

管理人

-WEBサービス

Copyright© free-way21 , 2021 All Rights Reserved.